中国株安を当てたベテラン分析家、一段の下げを見込む

株式チャート分析を20年余り手掛けてきたト ーマス・シュローダー氏は、香港上場の中国企業株が大幅下落する前の 4月に保有株を売り、利益を確定した。

テクニカル分析を使った取引戦略を提供するチャート・パートナー ズ・グループの創業者シュローダー氏は今また弱気姿勢を取っており、 急落した中国株が近いうちに下げ止まることはないとみている。

同氏は本土の上海総合指数について、当局が相場安定化策を拡充し ているため断続的に上昇する場面はあっても、向こう2カ月以内に3100 まで下がると予想する。これは5日終値を16%下回る水準だ。香港上場 の本土株の指標であるハンセン中国企業株(H株)指数については 約10%下げるとみる。

シュローダー氏は中国の景気減速と商品相場安を背景に、上海総合 指数とH株指数が共に主要な下値支持線を割り込む可能性が高まってい ると分析した。

電話インタビューで同氏は、「今のところ弱気だ。中国当局が介入 を続け、上海市場を支えようとするのは間違いないと思うが、向こう2 カ月以内に」こうした水準に達するだろうと述べた。

原題:Man Who Called Top of China Stock Rally Sees Rout Worsening (1)(抜粋)