米ISM非製造業総合景況指数:60.3に上昇、10年ぶり高水準

供給管理協会(ISM)が発表した7月の非 製造業総合景況指数は10年ぶりの高水準となった。

7月のISM非製造業総合景況指数は60.3と、前月から4.3ポイン ト上昇し、2005年8月以来の高い水準となった。ブルームバーグがまと めたエコノミスト予想(中央値56.2)の最も高い数字を上回った。同指 数では50が活動の拡大と縮小の境目を示 す。

ソシエテ・ジェネラルのシニア米国エコノミスト、ブライアン・ジ ョーンズ氏(ニューヨーク在勤)は統計発表前に、「米経済は良好な状 態だ」と指摘。「労働市場が力強いため消費は順調だ。米企業活動の多 くが国内の状況で決まるという点で、米国は恵まれている」と述べた。

項目別では雇用指数が59.6と、前月の52.7から大きく上昇。1カ月 の上げ幅としては1997年の記録開始以降で最大だった。新規受注は63.8 と、前月の58.3から上昇。

景況指数は64.9と、前月の61.5を上回った。

ISMの非製造業景況調査委員会のアンソニー・ニーブス委員長は 統計発表後の記者団との電話会見で、この時期に同指数がこのように上 昇するのは「通常ではあまりないこと」ではあるが、「成長は続くこと をすべての指標が示している」と話した。

統計の詳細はをご覧ください。

原題:Service Industries in U.S. Grow at Fastest Pace in a Decade (3)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE