米プルデンシャル:4-6月期は29%増益-予想上回る

更新日時

米2位の生命保険会社プルデンシャル・ファ イナンシャルの4-6月(第2四半期)利益はアナリストの予想を上回 った。年金などの商品を提供する米国部門の業績が改善した。

発表資料によると、純利益は14億1000万ドル(約1760億円)と、前 年同期の10億9000万ドルから29%増加。一部の投資損益を除いたベース の営業利益は1株当たり2.91ドルと、ブルームバーグが集計したアナリ スト19人の予想平均(2.47ドル)を上回った。

ゼネラル・モーターズ(GM)やベライゾン・コミュニケーション ズなどの企業が年金債務の保険会社への移管を進める中、プルデンシャ ルは大口の年金勘定の移管契約獲得を目指している。移管によって保険 会社の運用資産が増える一方、企業側は金利や平均余命に関わるリスク を抑制できる。

プルデンシャルの年金リスク移管部門は昨年、モトローラ・ソリュ ーションズやブリストル・マイヤーズ・スクイブなどの企業から370億 ドル強の契約を獲得した。

米リタイアメントソリューション・投資運用事業部門の利益は12% 増の9億8100万ドル。個人年金部門の貢献は41%増の5億4800万ドル。

米個人生命・団体保険部門の利益は53%増の3億1200万ドル。

同社株は5日の時間外取引でニューヨーク時間午後4時42分(日本 時間6日午前5時42分)現在、0.7%高の90.50ドル。

純資産

国際保険事業の営業利益は8億4200万ドル。為替相場変動などが響 き、前年同期の8億8400万ドルから減少した。

純資産は6月末時点で1株当たり91.17ドルと、3月末の98.16ドル から減少した。メットライフやアメリカン・インターナショナル・グル ープ(AIG)などの保険会社は金利上昇で債券ポートフォリオの価値 が目減りしたと報告している。

原題:Prudential Profit Rises to $1.41 Billion on Annuities Gain (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE