ドイツ10年債利回り、3週ぶり大幅上昇-米利上げ開始の観測

5日の欧州債市場では、指標とされるドイ ツ10年債が下落し、利回りは3週間ぶりの大幅上昇となった。低調な域 内経済よりも米国が利上げを開始する見通しの方が、ドイツ国債を左右 する要因となった。

米供給管理協会(ISM)が発表した7月の非製造業総合景況指数 は10年ぶりの高水準。これを受けて9月にも米利上げが開始されるとの 見方が強まり、ドイツ10年債利回りが上昇した。米アトランタ連銀のロ ックハート総裁が米紙ウォールストリート・ジャーナル (WSJ)と のインタビューで、利上げの用意が整う位置に公開市場委員会 (FOMC)が「接近」しつつあると発言していたことも影響した。

夏季で商いが薄かったこともこうした値動きを引き起こした。この 日発表されたユーロ圏の指標では、6月の小売売上高が昨年9月以来の 大きな落ち込みとなったほか、7月のサービス業活動が鈍化。欧州減速 を示唆するデータは通常、欧州中央銀行(ECB)が追加措置を講じる との観測を強めて欧州債への支援材料となるが、この日はそうならなか った。

ダンスケ銀行の債券トレーディング責任者、ソーレン・モルク氏は 「非常に薄商いだった、夏の閑散期だ」とし、「こうした市場の環境下 では、良い内容の米経済データが国債相場を大きく動かし得る」と述べ た。

ロンドン時間午後4時28分現在、ドイツ10年債利回りは前日比11べ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.75%。これは先月10 日以来の大きな上げ。同国債(表面利率1%、2025年8月償還)価格 は1.09下げ102.41となった。

原題:Bunds Slide as U.S. Data Boost Speculation of Fed Rates Liftoff(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE