ローブ氏新たな標的は米バクスター、取締役2人の確保目指す

医療機器を手掛ける米バクスター・インター ナショナルは物言う株主として知られるダン・ローブ氏が率いるサー ド・ポイントの新たな標的となっている。サード・ポイントは取締役2 人の確保と次期最高経営責任者(CEO)の選定作業での発言権を求め ている。

サード・ポイントは5日、株式やオプションを通じてバクスターの 約10%を保有し、同社に改革を求める考えを明らかにした。バクスター の時価総額は230億ドル(約2兆8700億円)。事情に詳しい関係者1人 によれば、バクスターの強力な海外フランチャイズや利益率改善の機会 を考慮すれば同社が過小評価されているとサード・ポイントは認識して いる。

医薬品ビジネスをスピンオフし新会社バクスアルタを創設したバク スターは転換点にある。ロバート・パーキンソンCEO(64)は先週投 資家に、取締役会が後継者を探すため人材あっせん会社を雇ったことを 公表。スピンオフを完了した同社がさらに買収を目指すより良い状況に あると述べた。

バクスターの株価はスピンオフ以来11%上昇したものの、競合他社 を依然下回る値動き。過去5年では年15%上昇したが、他の医療機器会 社株は23%値上がりしている。

原題:Baxter International Becomes Dan Loeb’s Newest Activist Target(抜粋)

--取材協力:Anna Edney.