米テスラ株が時間外取引で下落-販売台数目標の下方修正嫌気

更新日時

5日の米株式市場の時間外取引で、電気自動 車(EV)メーカー、米テスラ・モーターズの株価が下落した。今年の 販売台数目標を従来よりも控えめな数字に下方修正したことが嫌気され た。

テスラがこの日示した今年の販売目標は5万-5万5000台。従来目 標は5万5000台だった。7-9月(第3四半期)の生産台数は1万2000 台強との見通しを示した。

イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はアナリストとの電話 会議で、一部のサプライヤーはスポーツ型多目的車(SUV)「モデル X」生産計画に見合うほどのペースで高品質部品の提供を拡大できない 可能性があるため、当初目標には無理があるかもしれないと説明した。 モデルXと「モデルS」は同じ組み立てラインで生産されるため、モデ ルXのサプライヤーが1社でも供給不足に陥れば、両方のモデルで生産 が鈍化する恐れがあるとした。

同社は9月後半にモデルXの納入を開始するとの方針を変えておら ず、最終テストは「順調」だと説明した。ただ1週間の遅れが出るだけ で生産台数は800台減る可能性があるとしている。

マスクCEOとディーパック・アフジャ最高財務責任者(CFO) は同社ウェブサイト掲載の株主宛て書簡で、「簡単に言うと、素晴らし い製品と四半期の数字達成のどちらかを選ぶとすれば前者を取る。長期 的な価値を構築するため、われわれの最優先課題は素晴らしい車を生み 出すことであり、従来も現在もそれに変わりはない」とした。

テスラの株価はニューヨーク時間午後7時25分(日本時間6日午前 8時25分)現在、5.8%安の254.35ドル。一時は9.3%安となる場面もあ った。

4-6月(第2四半期)は一部項目を除いた1株損失が48セント。 ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均では60セントの損失が見 込まれていた。

原題:Tesla Falls on Sales Target Cut to as Few as 50,000 Vehicles (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE