NY金:反落、9月利上げ観測-ISM非製造業指数上昇で

5日のニューヨーク金先物相場は反落。米経 済の堅調を背景に、早ければ9月にも利上げが実施されるとの観測が強 まった。ISM非製造業景況指数が10年ぶり高水準になったことを受け て、下げ幅を拡大した。

RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニアマーケットストラテジス ト、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「保有する資産と して、金はますます敬遠されている」と指摘。「米国の良好な成長は9 月利上げの見方をあらためて支えるだろう。それが金にダメージを与え ている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.5%安の1オンス=1085.60ドルで終了。

銀先物9月限は0.1%未満下げて14.553ドル。パラジウム先物9月 限は0.9%下落の593ドル。プラチナ先物10月限は0.8%安の950.90ド ル。

原題:Gold Bears Return as Traders Look to September for Rate Increase(抜粋)

--取材協力:Ben Stupples.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE