NY外為:ドル4カ月ぶり高値-統計で利上げ観測広がる

更新日時

5日のニューヨーク外国為替市場ではドルが 4カ月ぶり高値に上昇。7月の米非製造業総合景況指数が10年ぶりの水 準に上昇したことを受け、米経済が成長加速の軌道にあるとの見方が広 がった。

ドルは主要通貨の大半に対して上昇。トレーダーの間では9月利上 げ予想が高まっており、ドル建て資産の投資妙味が上がるとの思惑があ る。民間雇用者数の統計は予想を下回ったが、7日発表の7月雇用統計 では力強い雇用の伸びが示されると予想されている。

ウエストパック銀行の北半球通貨担当チーフストラテジスト、リチ ャード・フラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は「ドル一段高の環境 は整った」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇の1217.04。3 月13日以来の高水準に達した。ドルは対ユーロで0.2%安い1ユーロ =1.0905ドル。対円では0.4%高い1ドル=124円86銭。一時はほぼ2カ 月ぶり高値に上昇した。

供給管理協会(ISM)が発表した7月の非製造業総合景況指数 は60.3と、前月から4.3ポイン ト上昇し、2005年8月以来の高い水準と なった。ブルームバーグがまと めたエコノミスト予想(中央値56.2) の最も高い数字を上回った。

初回利上げ後に実効フェデラル・ファンド(FF)金利が平 均0.375%になるとの想定に基づくと、先物市場では9月利上げの確率 が50%として反映されている。1週間前は42%だった。

ゲイン・キャピタル・ホールディングス傘下フォレックス・ドッ ト・コムのアナリスト、マット・ウェラー氏は電話取材に対し、「強気 派の望みは裏付けられた」と話す。「市場はドルの上値を追う口実を探 していたし、ここのところの相場は下げていた」と述べた。

ADPリサーチ・インスティテュートが発表した給与名簿に基づく 集計調査によると、7月の米民間部門の雇用者数は前月比で18万5000人 増加した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト44人の予想中央値 は21万5000人増だった。

米労働省発表の7月雇用統計では、非農業部門雇用者数が22万5000 人の増加と予想されている。失業率は前月と同じ7年ぶり低水準 の5.3%とみられている。

トロント・ドミニオン銀行の上席外為ストラテジスト、メイゼン・ アイサ氏(ニューヨーク在勤)は電話取材に対し、「3月以降、ドルは 値固めの段階に入っていた。それも終わりに近づきつつあるようだ」と 述べた。

ブルームバーグ相関加重指数によると、ドルは先進9カ国通貨に対 して年初か8.6%上昇。上昇率トップはスイス・フランの10.5%。

原題:Dollar Rises to 4-Month High as Economic Signs Point to Fed Move(抜粋)