熱波に焼かれるフランスのトウモロコシ-欧州の収穫高減少か

欧州最大のトウモロコシ生産国であるフラン スの一部の地域ではトウモロコシの茎の高さが例年の約半分しかなく、 作況はリュック・エスプリ氏が見たところでは2003年以来最悪となって いる。

フランス南部のモンタルドンを拠点とする業界団体メゾロップの事 務局長を務めるエスプリ氏は「トウモロコシは焼け付くような暑さにさ らされている。砂漠でもないのに農地はひび割れている。水は大幅に不 足している。かんがいが行われていない農地のトウモロコシは受粉に大 きな問題があり、穂が出ていない」と語る。西欧全域では記録的な熱波 が穀物の生育に影響を及ぼしており、同氏はここ3週間、被害状況につ いて調査していた。

欧州のトウモロコシ収穫高は昨年、過去最高に達したが、今年は減 少する見通しだ。ブルームバーグがアナリストとトレーダー8人を対象 に実施した調査の中央値では、欧州連合(EU)加盟28カ国の生産高 は19%減少し6280万トンになると予測されている。予想通りならEUの 生産高データが残っている01年以降で最大の落ち込みとなる。

昨年が豊作だったことから世界の在庫は過去最高水準にあり、トウ モロコシ価格は引き続き抑制されているが、域内での供給が減少すれば 欧州は酪農場と豚肉生産者の飼料向け穀物輸入を増やす必要がある見込 み。欧州は米国と中国に次いでトウモロコシ消費量が多い。米農務省 は、EUによる域外からのトウモロコシ輸入が過去3番目の高水準に達 するとの見通しを示している。

原題:French Corn Fried by Heat Wave Signals Plunging European Harvest(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE