ウクライナ:貯蓄銀行の債務1600億円の再編を承認-債権者

ウクライナ3位の銀行、ウクライナ国立貯蓄 銀行の債券保有者らは、同行の債務13億ドル(約1600億円)相当の条件 変更を承認した。一方、190億ドルに上る同国ソブリン債の再編に関し ては交渉が続く。

債権者は同行発行の債券2本と劣後ローン1件について、7年間の 期限延長とクーポン引き上げで合意した。ピシュニー最高経営責任者 (CEO)が3日、キエフで記者団に語った。債券保有者の90%余りが 新たな条件に賛成した。

発表文によると、2016年3月償還債のクーポンは9.375%、18年3 月償還債のクーポンは9.625%にそれぞれ引き上げられる。元本は16年 償還債が19年から、18年償還債は20年からの分割払い開始となる。

ウクライナ財務省は3月、貯蓄銀行と輸出入銀行およびウクライナ 鉄道は経済上での戦略的役割に照らし、債務再編の条件はソブリン債よ りも緩やかなものになるだろうと表明していた。

原題:Ukraine Bank Creditors Approve $1.3 Billion Restructuring (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE