英住宅価格:7月は0.4%上昇、安定化の兆候-ネーションワイド

英国の住宅価格が7月に上昇した。1年にわ たる価格の伸び鈍化後、住宅市場が安定化しつつある可能性があると、 住宅金融の英ネーションワイド・ビルディング・ソサエティーは判断し ている。

同社が4日発表した7月の英住宅価格は平均で前月比0.4%上昇 の19万5621ポンド(約3780万円)。前年同月比では3.5%上昇となり、 2年ぶり低水準だった6月の3.3%上昇を上回った。前年同月の上昇率 は11%弱だった。

ネーションワイドのチーフエコノミスト、ロバート・ガードナー氏 は「住宅価格の年間上昇率が安定化しつつある暫定的な兆候が出てい る。賃金上昇ペースに近い水準であり、これは歴史的に4%前後だ」と 説明。さらに「こうした動きは住宅市況が持続的に高まる良い前兆とな るだろう」と述べた。

原題:U.K. House Prices Rise as Nationwide Sees Signs of Stabilization(抜粋)