金属相場が反発-中国が景気支援で建設関連債発行へ

4日のロンドン金属取引所(LME)の金属 相場は、中国の追加景気支援に向けた計画を受け、ニッケルや銅、亜鉛 が反発した。

中国は景気押し上げを狙った建設事業の資金に充てるため、少なく とも1兆元(約20兆円)の債券を発行する計画だ。最終的にその数倍の 発行額となる可能性もある。事情に詳しい関係者が明らかにした。

ブルームバーグ工業用金属サブ指数は過去3カ月で19%下落 と、2009年以来の大幅な下げとなっているため、今回の中国の計画は需 要回復の兆しを期待するトレーダーにとって重要なタイミングで打ち出 された。中国は世界の銅の約40%、アルミニウムの50%を消費する。

ブルームバーグ工業用金属サブ指数はニューヨーク時間午後2時57 分(日本時間5日午前3時57分)現在、前日比0.6%高の102.5656と、 4営業日ぶりに反発。

鉛は一時2.2%高と、最大の上昇率となった。LMEでニッケルは 一時2.1%高。年初来では29%下落している。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物9 月限は前日比0.7%高の1ポンド=2.362ドルで終了。1週間ぶりの大幅 な上げとなった。

原題:Metal Bulls See Hope of Reprieve as China Injects $161 Billion(抜粋)