NY金、ほぼ変わらず-中国減速懸念でプラチナ6年ぶり安値

4日のニューヨーク貴金属市場では金先物相 場がほぼ変わらず。プラチナは6年ぶり安値、パラジウムは2012年以来 の安値をそれぞれつけた。中国での需要減速を背景に、供給が十分にあ るとの観測が広がった。

TDセキュリティーズ(トロント)の商品戦略責任者、バート・メ レク氏は電話インタビューで、「貴金属は概して世界的な自動車生産や 販売水準の弱さに反応している。中国や新興国市場は好調とは言えず、 それは自動車触媒の需要が打撃を受けることを意味する」と述べた。

プラチナ先物10月限は前日比0.9%安の1オンス=958.50ドル。一 時は945.40ドルと、2009年1月以来の安値となった。

パラジウム先物9月限は0.8%下げて598.60ドル。一時は586.55ド ルと、12年8月以来の安値。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.1%高の1オンス=1090.70ドルで終了。

銀先物9月限は0.3%上げて14.557ドル。

原題:Platinum Falls to Six-Year Low on China Concerns; Gold Steady(抜粋)

--取材協力:Ben Stupples.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE