NY外為:ドル堅調、4カ月ぶり高値-利上げ近いとの観測で

更新日時

4日のニューヨーク外国為替市場ではドルが 4カ月ぶり高値に上昇。連邦公開市場委員会(FOMC)がほぼ10年ぶ りとなる利上げに踏み切る根拠を得るかどうか、7日発表の7月雇用統 計が注目されている。

ドルは主要通貨の大半に対して堅調に推移。アトランタ連銀のロッ クハート総裁は米紙ウォールストリート・ジャーナルとのインタビュー で、9月利上げが適切になりそうだとの認識を示した。先物市場では9 月利上げの確率上昇が織り込まれつつある。

ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツのシニア・マーケット・ア ナリスト、スコット・スミス氏(カルガリー在勤)は「ロックハート総 裁のコメントに助けられ、ドルの魅力は再び高まった」と指摘。「この 1週間かそこらの展開は依然として、年内いつかの時点での利上げへと FOMCを強く誘導するものだ」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%上昇の1214.12。終値 ベースでの3月17日以来高値に達した。ドルは対ユーロで0.6%高い1 ユーロ=1.0881ドル。対円では0.3%上げて1ドル=124円38銭。

7月の米雇用統計についてブルームバーグがアナリスト83人を対象 にまとめた予想中央値では、非農業部門雇用者数は22万5000人の増加。 6月は22万3000人の増加だった。

初回利上げ後に実効フェデラルファンド(FF)金利が平 均0.375%になるとの想定に基づけば、9月会合での利上げ確率は48% として先物市場に反映されている。この日の早い時間では38%だった。

9月利上げに照準

クレディ・スイス・グループの外為ストラテジスト、マット・ダー 氏(ニューヨーク在勤)は「市場は9月利上げの可能性を織り込み続け ることになりそうだ。金曜の雇用統計は雇用コスト指数が弱かった後だ けに極めて重要だ」と指摘。今年のFOMCで議決権を有するロックハ ート総裁のコメントがドル買いを促したのは「間違いない」とダー氏は 述べた。

米ドルはオーストラリア・ドルに対して一時2%安まで売り込まれ た。オーストラリア準備銀行は政策金利を据え置くとともに、一段の通 貨下落が必要との文言を声明から削除した。

豪中銀は4日、政策金利であるオフィシャル・キャッシュレートの 誘導目標を過去最低の2%に据え置いた。今回の決定は市場とエコノミ ストの予想通り。豪中銀は今年2月と5月に利下げを実施した。豪ドル が対米ドルでピークを付けたのは2011年。現在はそこから30%以上下落 している。

原題:Dollar Rises to 4-Month High on Speculation Fed Is Close to Hike(抜粋)