アジア・太平洋株式サマリー:中国株が上昇、センセックス反落

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下 の通り。

【中国・香港株式市況】

4日の中国株式相場は上昇。相場下落に歯止めをかけるための措置 を当局が強化し、一部の証券会社は空売り業務を停止した。

上海総合指数は前日比3.7%高の3756.55と、4営業日ぶりに反発し て取引を終えた。前日までの3日間で計4.4%下げ、3日は約3週間ぶ りの安値で引けていた。原油安を受け、中国南方航空(600029 CH)と 中国東方航空(600115 CH)は共に値幅制限いっぱいの10%高。 CSI300指数は前日比3.1%高で終了した。

君康人寿の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は「空売り規制な ど当局が実施してきた一連の措置が効果を表してきたように見える」と 述べた。上海と深圳の証券取引所は3日の取引終了後、信用売りの決済 期間を「T+1」(翌日決済)に変更する新たな措置を発表した。

香港市場では、ハンセン指数が前日比ほぼ変わらずの24406.12で終 了。ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.6%上昇した。

【インド株式市況】

4日のインド株式市場では、中小型株が過去最高値を更新した。商 品値下がりで投入コストが押し下げられるとの楽観が広がった。

一方、指標のS&P・BSEセンセックスは5営業日ぶりに下落。 インド準備銀行による政策金利据え置きが嫌気された。

S&P・BSEの中型株指数と小型株指数はともにこれまでの最高 値で取引を終了。センセックスは前日比0.4%安の28071.93で引けた。 エネルギー銘柄と工業株の下げが目立った。

中銀は政策金利を7.25%に維持することを決定。ブルームバーグが エコノミスト42人を対象にまとめた調査では39人が金利据え置きを予 想、3人は7%への利下げを見込んでいた。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比0.3%高の5697.90。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比1%高の2027.99。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比0.2%安の8510.86。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE