新興市場株:下落、2年ぶり安値-エネルギー銘柄など安い

4日の新興市場株は下落。MSCI新興市場 指数はこのままいけば、約2年ぶりの安値で取引を終える。エネルギー やテクノロジー銘柄が安い。

石油関連でペトロチャイナ(中国石油)とマレーシアのブミ・アー マダは共に1%を超える下げ。エネルギー株の指数は7カ月ぶりの安値 となっている。半導体メーカーの聯発科技(メディアテック)は台湾市 場で2012年以来の安値を記録した。同銘柄の投資判断をUBSと HSBCホールディングスが引き下げた。

MSCI新興市場指数は香港時間午後0時37分(日本時間同1時37 分)現在、前日比0.3%安の888.02と、2013年6月25日以来の安値。

原題:Emerging Stocks Head for Two-Year Low as Energy Shares Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE