中国株:上海総合4日ぶり反発、一部証券が空売り業務停止

更新日時

4日の中国株式相場は上昇。相場下落に歯止 めをかけるための措置を当局が強化し、一部の証券会社は空売り業務を 停止した。

上海総合指数は前日比3.7%高の3756.55と、4営業日ぶりに反発し て取引を終えた。前日までの3日間で計4.4%下げ、3日は約3週間ぶ りの安値で引けていた。原油安を受け、中国南方航空(600029 CH)と 中国東方航空(600115 CH)は共に値幅制限いっぱいの10%高。 CSI300指数は前日比3.1%高で終了した。

君康人寿の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は「空売り規制な ど当局が実施してきた一連の措置が効果を表してきたように見える」と 述べた。上海と深圳の証券取引所は3日の取引終了後、信用売りの決済 期間を「T+1」(翌日決済)に変更する新たな措置を発表した。

香港市場では、ハンセン指数が前日比ほぼ変わらずの24406.12で終 了。ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.6%上昇した。

原題:China Stocks Rise as Brokerages Ban Short Selling to Stem Losses(抜粋) Hong Kong Stocks Close Little Changed; H-Shares Post Advance (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE