LVMH傘下のタグ・ホイヤー、香港の店舗を閉鎖へ

スイスの腕時計メーカー、タグ・ホイヤーは 香港の店舗を閉店する。高水準の店舗賃料と顧客数の減少が収益性を圧 迫している。同社の親会社で高級ブランド品最大手、フランスの LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンの腕時計製造責任者ジャンクロー ド・ビバー氏が3日明らかにした。

ビバー氏は電子メールで、香港のラッセルストリート(羅素街)に ある店舗の閉店が決まったと説明。「訪れる人は減っているが賃料は高 いままだ」とコメントした。

欧州の高級ブランドは最近、相次いで香港の賃料の高さを指摘。 「グッチ」を展開するフランスのケリングは数店舗を閉店する可能性に 言及し、英バーバリー・グループは賃料引き下げを求めている。中国 が2012年に公務員のぜいたく禁止を打ち出して以後、香港での高級品関 連支出は悪影響を受けている。

ビバー氏は、「ウブロ」、「ゼニス」の両腕時計ブランドには需要 があり、香港で来年、新たに2店舗を出店する可能性があるとも指摘し た。両ブランドはすでに香港に店舗を置いている。

原題:LVMH’s TAG Heuer to Shut Hong Kong Store as Rental Costs Bite(抜粋)