中国が最新の警告、大規模な売り注文はご法度-株式投資家に

株式投資家は気を付けた方がよい。中国で大 規模な売り注文を出せば、当局との関係がまずくなるかもしれない。

それが上海証券取引所のメッセージだ。同証取は3日、「証券の価 格や取引規模に影響を与える大規模な売り注文」を理由に、2つの証券 口座に口頭で警告を与えたことをミニブログで明らかにした。同証取は この取引が「異常」だったと指摘したが、2口座に関する詳細や違法行 為の有無は示していない。

株式相場急落で時価総額が約4兆ドル(約496兆円)消失したこと を受け、中国当局は株価押し上げと市場操作防止に向けた措置を講じて おり、アルゴリズム取引や空売りに関する調査なども実施している。

UOBケイ・ヒアンのエグゼクティブディレクター、スティーブ ン・レオン氏は中国当局の対応について「投資家は国際基準に合致して いないと思うだろう」と指摘。「相場が下落しつつあると考えれば、投 資家は当然売り注文を出す」と述べた。

上海証取はこのほか、「大規模取引などで頻繁に発注を取り消し た」として複数の口座に3件の警告を出したと発表した。

原題:China’s Latest Warning to Equity Investors: No Big Sell Orders(抜粋)

--取材協力:Penny Peng、Kyoungwha Kim、Fox Hu、Yi Zhu、Allen Wan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE