甘利再生相:事実とすれば極めてけしからん-ウィキリークス

甘利明経済再生相は4日朝の閣議後の会見 で、米国が日本政府関係者を盗聴したとウィキリークスが伝えたことに ついて、「事実とすれば極めてけしからん」と不快感を示した。

甘利氏は「今までの報道でも特定の対象、国、報道があったが、日 本だけウィキリークスの報道の例外ではないと思っていた」と明かし、 「可能ならば事実関係を調べたい」と述べた。内部告発サイト、ウィキ リークスは米国家安全保障局(NSA)が日本政府や日本企業などを盗 聴したと公表した。

大筋合意が先送りされた環太平洋連携協定(TPP)に関連し、盗 聴疑惑が出ている中で交渉継続は可能かとの質問に対し、甘利氏は「そ ういう事態を想定してやっている。仮に盗聴されているとしたら、それ をもとに対応するととんでもないことになりますよということだ」と述 べた。

今月中の開催が予想されているTPP閣僚会合については「事務折 衝を強力に進めて道を開きたい」とも語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE