中国に景気刺激策で利下げなど一連の選択肢-成長減速続く中

中国人民銀行(中央銀行)が金融緩和に踏み 出してから数カ月がたった今でも、中国の成長率は四半世紀ぶりの低水 準に沈んでおり、直ちに持ち直す兆しも乏しい。

これは中国当局が追加の景気刺激策を講じる可能性が高いことを意 味する。他国・地域とは異なり、中国には世界第2位の経済大国を浮揚 させる手段が豊富にある。

人民銀には需要の押し上げに向けた追加利下げの余地がある。中国 の外貨準備高は3兆6900億ドル(約457兆円)に上り、中央政府の債務 水準が比較的低水準にあるため、財政出動に踏み切る余力もある。

大和証券キャピタル・マーケッツのアナリスト、ケビン・ライ、ジ ュンジエ・タン両氏は製造業の減速を示した7月の購買担当者指数 (PMI)を受けた調査リポートで、「景気刺激策はこれまでのところ 総需要の押し上げや余剰生産能力の減少につながっていない」と指摘。 「現状を踏まえ、われわれは中国経済が順調に推移していることを示す ため、政府はあらゆる手段を講じると見込んでいる」とコメントした。

原題:As Economy Slows, China Has Range of Policy-Stimulus Options(抜粋)

--取材協力:Xiaoqing Pi.