中国の鉄鉱石デリバティブ取引高が過去最高-変動性高まりで

中国の大連商品取引所では鉄鉱石価格のボラ ティリティ(変動性)が高まる中、鉄鉱石デリバティブ(金融派生商 品)の取引高が7月に過去最高に達した。

同取引所のデータによれば、7月の取引高は前月比54%増の3240万 枚(32億トン)。これまでの最高は5月の2490万枚だった。7月の取引 高は1年前の水準と比較して3倍余りに増えた。

中国経済が鈍化しつつある兆しに反して同国の港湾在庫は減少し、 鉄鉱石価格はここ数週間、双方向に振れている。価格は7月初めに6年 ぶりの安値まで下げた後、同月末には強気相場入り。大連商品取引所は 現在、中国本土で登録している個人と法人に取引を限定しているが、世 界の原材料価格に対する影響力拡大を目指し外国投資家によるアクセス を認めることを計画している。

銀河期貨(上海)のアナリスト、グオ・ジュンウェン氏は「投資家 の価格見通しがかなり割れているため、鉄鉱石先物の取引高は過去最高 を更新した」と指摘。「最近の経済統計が弱い景況を示している一方、 港湾在庫は2013年11月以来の低水準近辺で推移している。この2つの要 素は相いれないようで、市場は取引高が高水準の状態で揺れ動くだろ う」述べた。

大連商品取引所で最も取引が活発な鉄鉱石先物終値は3日、前週末 比1.1%安の1トン=363元。7月は月間ベースで12%下げた。

原題:Iron Ore Trade in China Climbs to Record as Volatility Rises (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE