8月3日欧州マーケットサマリー:取引再開のギリシャ株急落

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.0959   1.0984
ドル/円            123.88   123.89
ユーロ/円          135.77   136.08


株               終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600   399.44     +3.07     +.8%
英FT100      6,688.62    -7.66     -.1%
独DAX      11,443.72   +134.73   +1.2%
仏CAC40     5,120.52   +37.91     +.7%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .24%        -.01
独国債10年物     .63%        -.02
英国債10年物     1.87%       -.02


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,091.90    -6.50     -.60%
原油 北海ブレント         49.94     -2.27    -4.35%

◎欧州株:5日続伸、決算と経済指標を好感-取引再開のギリシャ急落

3日の欧州株式相場は上昇し、指標のストックス欧州600指数は5 営業日続伸となった。この日発表された企業決算と経済指標が好感され た。5週間ぶりに取引が再開されたギリシャ市場では指標のアテネ総合 指数が急落した。

オランダのビール会社ハイネケンと、ドイツのコメルツ銀行の上げ が目立った。両社の決算はいずれも予想を上回る内容だった。デジタル 地図を手掛ける蘭トムトムは2%上昇。事情に詳しい関係者によれば、 同社は身売りにつながる可能性のある選択肢を模索している。

ギリシャの指標であるアテネ総合指数は、終値ベースで過去最悪 の16%安。ギリシャ・ナショナル銀行やピレウス銀行がともに30%下 落。資本規制による取引の制限は残っている。

ストックス600指数は前週末比0.8%高の399.44で取引を終了。ドイ ツとユーロ圏の7月の製造業購買担当者(PMI)指数改定値がいずれ も速報値を上回ったことから、上げ幅を拡大する場面も見られた。

SEBのクロスアセット戦略責任者、トマス・ティゲセン氏(コペ ンハーゲン在勤)は「株価は一段高になるとみている。短期的な見通し はリスク資産にとって極めて好ましいようだ」と発言。「この日の製造 業データでギリシャが欧州全体の成長を後退させてはいないことが確認 された。ギリシャ市場に関しては、数週間にわたる悪材料が累積してい ただけだ」と続けた。

ストックス600指数の業種別19指数の中で、資源銘柄が最もきつい 値下がりとなった。アングロ・アメリカンとグレンコアが大きく下げ た。中国の製造業活動を測る指数が低下し、景気減速が深まりつつある 兆候が示された。

原題:European Stocks Rise for 5th Day as Earnings Trump Greek Plunge(抜粋)

◎欧州債:もみ合い、欧米で製造業指標がまちまち-ドイツ債は上昇

3日の欧州債相場はもみ合う展開となった。この日発表された製造 業データでは、ユーロ圏が当初見積もりを上回った一方、米国ではエコ ノミスト予想に届かなかった。

ドイツ国債は米国債に追随して値上がり。米製造業活動が7月に鈍 化したことが材料となった。朝方はユーロ圏製造業が見積もり以上に拡 大したことから、安全資産としての独国債需要が後退し値下がりしてい た。

フランスとオーストリアの長期債のパフォーマンスは短期債を下回 った。ユーロ参加国のうち5カ国が週内に債券発行を予定しており、そ れが期間長めの債券の需要を抑えた。

DZバンクの債券ストラテジスト、ヘンドリク・ロッデ氏は「長期 債発行が注目される中、超長期債には幾分かの重しになるだろう」と指 摘。「商品値下がりを受けたインフレ期待の低下に伴う強気なフラット 化の動きが最近あっただけになおさらだ」と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ10年債利回りは前週末比2ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.63%。一時は3bp上 昇した。同国債(表面利率1%、2025年8月償還)価格は0.155上 げ103.60。

一方、スペイン10年債利回りは域内で最もきつい値下がり。同国財 務省は今週後半に40億-50億ユーロ相当の債券を入札すると発表した。

オーストリアが2025年と44年に満期を迎える債券を4日に発行する ほか、フランスは23年から60年に償還する国債の入札を週内に行う。

マークイットが発表した7月のユーロ圏製造業購買担当者指数 (PMI)改定値は52.4となった。6月の52.5から小幅低下したもの の、速報値の52.2から上方修正された。米供給管理協会(ISM)が発 表した7月の製造業総合景況指数は52.7に低下。前月は1月以来の高水 準となる53.5だった。

原題:Europe’s Bonds Fluctuate as Strong Regional Data Clash with U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE