NY金:反落、ゴールドマンが1000ドル割れをあらためて予想

3日のニューヨーク金先物相場は反落。5年 ぶり安値付近で取引された。ゴールドマン・サックス・グループはこの 日のリポートで、金は1オンス=1000ドルを割り込む可能性があるとの 見方をあらためて示した。これは3日の終値を8%超下回る水準だ。

オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州タンパ)の創業 者、ジェームズ・コーディアー氏は電話インタビューで、「年内の利上 げ見通しが金下落の一因となっている」と指摘。「9月に利上げが実施 されれば、ドルは上昇するだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前週末比0.5%安の1オンス=1089.40ドルで終了。

銀先物9月限は1.6%下げて14.515ドル。プラチナ先物10月限 は1.8%下落の967.10ドル。パラジウム先物9月限は1.3%下げて603.20 ドル。

原題:Gold Declines as Goldman Sachs Says Prices May Drop Below $1,000(抜粋)

--取材協力:Jasmine Ng.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE