ブラジル株:ボベスパ指数、下落-ブラデスコ銀行が安い

3日のブラジル株式市場では、指標のボベス パ指数が下落。世界の主要株価指数の中でも下げが目立った。ブラデス コ銀行が英HSBCホールディングスのブラジル部門を52億ドル (約6450億円)で買収する計画が明らかになり、同行の株価は約2カ月 ぶりの安値を付けた。

ブラデスコ銀行は3.1%安。ブラジル石油公社(ペトロブラス) は4.6%下落。中国の需要が一段と鈍化するとの観測で商品相場が軟調 に推移したことが嫌気された。一方、売上高全体に占める輸出の割合が 大きい航空機メーカーのエンブラエルが高い。通貨レアルが約12年ぶり の安値まで下げたことが買い材料となった。

ボベスパ指数は前週末比1.4%安の50138.05で引けた。MSCIブ ラジル指数は2008年以来の安値。銀行とエネルギーが少なくとも2.2% 下落した。

証券会社ギジ・インベスチメントスのアナリスト、ルイス・グスタ ボ・ペレイラ氏は電話取材に対し、「ブラデスコ銀行がHSBCのブラ ジル部門の取得で実際にどのような利益を得るかまだ分からず、高い買 い物だった」と指摘。「ブラジル経済がさらに悪化に向かう状況で、投 資家にとって新たな悪材料が出た格好だ」とコメントした。

原題:HSBC Deal Drags Down Bradesco as Ibovespa Leads World Declines(抜粋)

--取材協力:Francisco Marcelino、Cristiane Lucchesi、Richard Partington.