NY外為:資源国通貨安い、金融危機以来で最悪の年初来成績

更新日時

3日のニューヨーク外国為替市場では資源国 通貨が下落。中国の製造業活動縮小の兆しを嫌気した。年初からの値動 きは金融危機以来で最悪となっている。

ブルームバーグ商品指数が約13年ぶりの低水準となり、カナダ・ド ルとオーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドルはいずれも米ドル に対して大幅下落。中国の製造業活動の指標となる政府発表の指数が5 カ月ぶりの水準に低下したことで、需要見通しが悪化した。

オッペンハイマーファンズのグローバル・マルチアセット・グルー プでマネーマネジャーを務めるアレッシオ・デロンジス氏は「やはりオ ーストラリアとカナダ、ニュージーランドの3通貨のショートは続け る」と話した。「商品相場が安定を取り戻すとしても、今の弱さがこれ ら国々に追加金融緩和を促すことになるだろう」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、カナダ・ドルは対米ドルで0.5% 安い1米ドル=1.3156カナダ・ドル。一時は2004年8月以来の安値を付 けた。豪ドルとNZドルはいずれも6年ぶり安値付近で推移している。

カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース (CIBC)の為替戦略責任者、ジェレミー・ストレッチ氏(ロンドン 在勤)は「資源国通貨には今もなおストレスがかかっている」と指摘。 「商品相場はまだ底打ちしそうにないが、そうなるまではしばらく下向 きのトレンドが続くだろう」と述べた。

同氏によれば、米ドルには引き続き「買い意欲がそこそこみられ る」一方で、カナダとオーストラリア、ニュージーランドの中央銀行は 追加緩和を検討しているもようであり、これら諸国の通貨には「まだ下 げ余地がある」。

中国の経済統計

中国の財新伝媒とマークイット・エコノミクスが3日発表した7月 の中国製造業購買担当者指数(PMI)改定値は2年ぶりの低水準に落 ち込んだ。中国国家統計局と中国物流購買連合会が1日発表した7月の 製造業PMIも低下し、エコノミスト予想を下回った。

ブルームバーグ商品指数は6月末から約12%下落。ニューヨーク原 油市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物 が急落。世界的な供給超過の長期化を懸念し、7月全体では2008年以来 で最悪の値下がりとなっていた。

BNPパリバの北米為替戦略責任者、ダニエル・カッツァイブ氏 (ニューヨーク在勤)は「価格を動かした最大の要因は商品相場の軟調 だ」と述べた。

原題:Commodity Rout Spurs Worst Resource-Currency Meltdown in 7 Years(抜粋)

--取材協力:Chikako Mogi、Kevin Buckland.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE