ヘイズ被告に禁錮14年の判決、指標金利操作の陰謀で

更新日時

UBSグループとシティグループのトレーダ ーだったトム・ヘイズ被告は3日ロンドンの裁判所で、指標金利操作共 謀の罪で有罪の評決を受け禁錮14年の判決を言い渡された。ロンドン銀 行間取引金利(LIBOR)操作をめぐる最初の個人対象の訴追だっ た。

陪審は1週間の評議後、全会一致でヘイズ被告(35)がトレーダー やブローカーと共謀して指標金利を自身のボジションに有利な方向に動 かそうとした罪で有罪との評決を下した。ジェレミー・クック判事の判 決は英国での金融犯罪について最長刑の判例の一つとなる。「全世界の 銀行業界にメッセージを送る必要がある」と同判事は述べた。

ヘイズ被告は陪審が評決を伝える間、首を横に振っていた。妻のサ ラさんとヘイズ被告の両親も傍聴した。

9週間にわたる裁判で、検察はヘイズ被告が少なくとも10社の金融 機関のトレーダーやブローカー25人で構成する世界的ネットワークの 「リングマスター(サーカス団長)」だったと論じた。ネットワークは 大々的な規模でLIBOR操作を図り、ヘイズ被告はわいろや恫喝、説 得によってメンバーを操り、金利操作に協力させ利益を分け合っていた という。

原題:Former Libor ‘Ringmaster’ Hayes Guilty of Manipulating Rates (2)(抜粋) Ex-Libor ‘Ringmaster’ Hayes Gets 14 Years for Rate Rigging (1)