パウエルFRB理事:規制がマーケットメイクを損なう恐れ

パウエル連邦準備制度理事会(FRB)理事 は3日、銀行に資本積み増しを求める規制が銀行のマーケットメイクを 損なっている可能性があると指摘した。

パウエル理事はワシントンのブルッキングス研究所で行われた会議 向けの講演原稿で、規制は昨年10月の債券市場でのボラティリティに 「関係はほとんどない」ものの、「最近のマーケットメイキングにおけ る変化を引き起こしている要因の一つかもしれない」と指摘。「銀行に 相当の資本や流動性の確保を義務付け、ホールセール市場での短期債へ の依存低下を迫ることで資金調達コストが上昇した」と続けた。

理事は規制によってデフォルト(債務不履行)や新たな金融危機が 起きる可能性は低くなったとも説明。銀行にはマーケットメイクの幾分 のコスト上昇を受け入れる準備が必要だろうとも付け加えた。

原題:Fed’s Powell Says Finance Rules Could Be Hampering Market-Making(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE