ギリシャ株、銀行中心に急落し約30年で最大-5週間ぶり取引

更新日時

5週間閉鎖されていたギリシャ株式市場で取 引が再開された8月3日、株価は銀行銘柄を中心に急落し約30年で最大 の下落を演じた。

ピレウス銀行とギリシャ・ナショナル銀行はアテネ証券取引所の値 幅制限いっぱいの30%下落。指標のアテネ総合指数は一時23%安となっ た。その後、下げ渋り16%安で終了。下げは少なくとも1987年以来で最 悪だった。

ピクテ・アセット・マネジメントのチーフストラテジスト、ルカ・ パオリニ氏は「ギリシャ株式市場の状況は改善する前にまず、今よりは るかに悪くなるだろう」と話している。

チプラス首相が緊縮策をめぐる国民投票の実施を宣言した後、ギリ シャは銀行営業を停止し、資本規制を導入。株式市場も6月26日の取引 を最後に閉鎖されていた。銀行は7月20日に営業を再開したが、資本規 制は続いており、ギリシャ当局は規制下での株式市場再開の方法を検討 してきた。

ギリシャ財務省の7月31日の政令によれば、銀行預金の引き出しが 制限されているため、ギリシャ国内のトレーダーは株式や債券、デリバ ティブ(金融派生商品)、ワラントの購入資金を海外からの送金や、証 券会社の取引口座残高などで賄う必要がある。これに対し、海外投資家 は資本規制前にギリシャ株の取引に携わっていれば制限は課されない。

原題:Banks Lead Greek Stock Slump in 1st Day of Trading After Closure Greek Stocks Plunge Most in Decades as Market Reopens to Crisis (抜粋)

--取材協力:Lucy Meakin、Tom Beardsworth、John Detrixhe.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE