中国株:上海総合、約3週間ぶり安値-製造業PMI低下響く

更新日時

3日の中国株式市場では、上海総合指数が約 3週間ぶりの安値で取引を終えた。同国の製造業活動を測る指数が低下 し、景気減速が深まりつつある兆候が新たに示された。

上海総合指数は前週末比1.1%安の3622.91と、7月8日以来の安 値。テクノロジー株が売られた。ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は4.7%下落。同指数は相場パターンに着目するアナリストが意識 する200日移動平均を一時、下回った。

財新伝媒とマークイット・エコノミクスが3日発表した7月の中国 製造業購買担当者指数(PMI)改定値は2年ぶりの低水準に落ち込ん だ。中国国家統計局と中国物流購買連合会が1日発表した7月の製造業 PMIも低下し、5カ月ぶりの低水準となった。

精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO、上海在勤)は「投資 家はこのところの経済指標を見て、特に相場が下降サイクルにある中、 企業業績やファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)が支えになるこ とはないと考えている」と指摘。「相場が下げた後でも、一部の銘柄は なお割高だ」と述べた。

本土市場でCSI300指数は前週末比0.3%上昇。香港市場ではハン セン中国企業株(H株)指数が同1.1%安、ハンセン指数が0.9%安で終 了した。

原題:China’s Stocks Fall to Three-Week Low on Economic Growth Concern(抜粋)

--取材協力:Fox Hu.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE