債券ファンドに隠れたリスク-「安全な投資先」は過去の話か

最も安全な投資先の一つと長い間考えられて いた債券ファンドのリスクは見かけよりかなり高いことが判明しつつあ る。

過去の実績を見ると、債券ファンドのリターンは株式ファンドに比 べて急激な値動きに見舞われることは少なかったが、今年は違う。事 実、株式ファンドと比較した長期国債・社債ファンドのボラティリティ (変動性)は今世紀に入ってから最も高くなっていることが、モーニン グスターの調べで分かっている。

市場には米金利先高観やギリシャの債務危機、中国株安などさまざ まな波乱要因があるが、長期債リターンが予想できなくなっているのは 超低利回りによってリターンが振れやすくなっていることが一因だ。ま た、デリバティブ(金融派生商品)の普及で経験豊かなトレーダーが低 いコストで市場を大きく動かすことのできる投資が可能になっているこ ともある。金融危機以降で1兆ドル(約120兆円)を債券ファンドにつ ぎ込んできた普通の米国人にとって、それは積極的には取りたくないリ スクだ。

エドワード・D・ジョーンズのストラテジスト、ケイト・ウォーン 氏は「投資家は長期債で自覚している以上に大きなリスクを取ってい る。それが投資家の視野に入っていないだけに、債券市場のボラティリ ティに関する見通しを変えることが重要だ」と述べた。

原題:Hidden Dangers in Bond Funds Make Stocks Look Relatively Stable(抜粋)

--取材協力:Lisa Abramowicz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE