プエルトリコ、72億円償還に1日応じられず-デフォルト状態に

米自治領プエルトリコは、パブリック・ファ イナンス・コープ(PFC)が発行した債券について、8月1日の償還 に応じられないこと明らかにした。プエルトリコは720億ドル(約8 兆9460億円)相当の債務の再編を目指しているが、PFC債の償還がで きなければデフォルト(債務不履行)への道を進み、債権者との衝突は 必至となる。

プエルトリコのガルシア知事の首席補佐官であるビクトル・スアレ ス氏は首都サンフアンで行った7月31日の記者会見で、5800万ドル (約72億円)相当のPFC債の元利を返済する資金が政府にないと発 言。「われわれには利用できる資金がなく、あすの償還には応じられな い。今回の支払いは、われわれが政府債務の再編に今後取り組む過程で 行われることになる」と語った。

ハーバート・J・シムズ(フロリダ州ボカラトン)のクレジット分 析ディレクター、リチャード・ラーキン氏は「プエルトリコ債の価格に 打撃を与える十分な重大性がこの種のイベントには存在する。プエルト リコの名前が付いた債券のデフォルトが注目されずに済むとは信じ難 い」と指摘した。

原題:Puerto Rico Official Says Island Will Default on Agency Debt (2)(抜粋)