中国:7月製造業PMI50に低下、予想に届かず-需要に弱さ

中国の製造業活動の指標となる政府発表の 指数が5カ月ぶりの水準に低下し、金融緩和の効果がなお浸透していな い様子が示された。中国指導部に追加的な成長支援策を求める圧力が高 まりそうだ。

中国国家統計局と中国物流購買連合会が1日発表した7月の製造業 購買担当者指数(PMI)は50.0となった。ブルームバーグ調査の予想 中央値である50.1、前月の50.2をいずれも下回った。一方、7月の非製 造業PMIは53.9と前月の53.8から上昇した。PMIの数字が50を上回 ると活動の拡大を示す。

国家統計局の統計担当者は発表文で、「製造業セクターの内需と外 需はいずれも引き続き弱い」と指摘し、低下の主な理由として暑さなど の天候要因や商品価格の影響に言及した。

原題:China Official Factory Gauge Slips as Growth Slowdown Bites (2)(抜粋)

--取材協力:Kyung Bok Cho、Tian Ying、Stephen Tan、Stanley James、Ailing Tan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE