TPP閣僚会合、大筋合意見送り-乳製品や自動車でなお溝

米ハワイ州マウイ島で開かれていた環太平洋 連携協定(TPP)交渉の閣僚会合は、日米など12カ国全体の大筋合意 を見送り閉幕した。乳製品や自動車市場の開放をめぐる意見の隔たりが 埋まらず、他の分野の進展にもかかわらず妥結に至らなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。