中国:人民元の対ドル許容変動幅の拡大容認へ-国務院が声明

更新日時

中国は人民元の対ドル許容変動幅拡大を容認 する。国務院が24日に声明を発表した。時期や拡大幅には言及していな い。

国務院は声明で、貿易を後押しするために柔軟性を高めると説明し た。上海市場で取引される人民元の対ドル許容変動幅は、中国人民銀行 (中央銀行)が設定するその日の中心レートの上下2%に現在制限され ている。

中国当局は前回2014年3月に変動幅をそれまでの1%から現行の 2%に拡大した。

香港オフショア人民元は24日、対ドルで約3週間ぶりの大幅下落。 ブルームバーグの集計データによれば、オフショア人民元は香港時間午 後5時46分(日本時間同6時46分)現在、前日比0.14%安の1ドル =6.2227元。今月6日以来の大きな下げとなった。前週末比では0.15% 安。上海オンショア市場の人民元は前日から変わらずの6.2095元で引け た。

原題:China to Allow Wider Yuan Trading Range, State Council Says (3)(抜粋)

--取材協力:Tian Chen、Xin Zhou、Ran Li、Karen Zhang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE