ギリシャ離脱ならドラクマが対ドル最大40%急落も-アナリスト

ギリシャがユーロ圏を離脱し、旧通貨ドラク マを再び導入せざるを得なくなる場合、国民の購買力は最大40%低下す るとアナリストは予想している。

みずほ銀行のヘッジファンドセールス責任者ニール・ジョーンズ氏 (ロンドン在勤)は「ドラクマは最初の段階で大量の売りを浴びて対ド ルで30-40%下落し、史上最安値を更新するだろう」と分析した。

一方、クレディ・アグリコル法人投資銀行部門のG10通貨調査責任 者ワレンチン・マリノフ氏(ロンドン在勤)は「ギリシャがユーロを離 脱すれば深刻な経済的打撃を受けることは避けられず、同国の国民がユ ーロ圏にとどまりたいと望む理由の1つはそこにあるとわれわれは考え ている」と指摘した。

原題:Reverting to Drachma May Send Greek Currency at Least 40% Lower(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE