全米20都市住宅価格指数:4月は前年比4.9%上昇

4月の全米主要20都市の住宅価格は前年比で の伸びが市場予想を下回った。

30日発表のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・ シラー住宅価格指数は前年比4.9%上昇。ブルームバーグがまとめたエ コノミスト予想の中央値は5.5%上昇だった。3月は5%上昇だった。

全米の住宅価格指数は前年比4.2%上昇した。

ジェフリーズのエコノミスト、トム・サイモンズ氏は「住宅セクタ ーは全般的に上向いている」とし、「ここ最近の回復局面において住宅 価格を下支えしてきたのは低水準の在庫だ。現在では需要も上向き始め たようだ」と続けた。

季節調整後の20都市住宅価格指数は前月比で0.3%上昇と、伸びは ブルームバーグがまとめた市場予想の中央値(0.8%上昇)を下回っ た。

前年比での住宅価格が特に上昇したのはデンバーで、10.3%アッ プ。サンフランシスコは10%上げた。

20都市のうち、価格の上昇ペースが前年から鈍化したのは11都市だ った。

統計の詳細はをご覧ください。

原題:Home Prices in 20 U.S. Cities Grew at Slower Pace in April (1)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE