ゴールドマン、制裁金支払いへ-13年のオプション市場混乱で

ゴールドマン・サックス・グループは約2年 前に米オプション市場を混乱させた誤発注をめぐり当局と和解するた め700万ドル(約8億5700万円)の制裁金を支払うことに同意した。

米証券取引委員会(SEC)は30日の発表文で、ゴールドマンには コンピューターの誤送信を防ぐための十分な防護措置が整っておら ず、2013年8月20日に誤った価格で約1万6000件のオプション注文を送 信したと指摘。これが同日の取引開始時に約150万件の取引につなが り、その多くがその後取り消された。

SEC法執行局のアンドルー・セレスニー局長は発表文で「ゴール ドマンの管理体制は幾つかの面で不備があり、市場を著しく混乱させ た。市場アクセスルールに基づいてブローカーディーラーに求められた 基準を満たしていなかった」と指摘した。

ゴールドマンはSECの主張について肯定も否定もしなかった。ゴ ールドマンの広報担当、マイケル・デュバリー氏は、SECと和解をま とめたことに満足していると述べ、「誤発注の発生以降、管理と手続き を見直してさらに強化した」と説明した。

原題:Goldman Sachs Will Pay Fine for Roiling Options Market in 2013(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE