欧州株:続落、ギリシャ救済策失効控え-四半期は12年来大幅安

30日の欧州株式相場は続落。この日にギリシ ャ救済パッケージが終了となる中、同国の支払い能力が注目された。

指標のストックス欧州600指数は前日比1.3%安の381.31で終了。4 -6月期では4%下げた。ギリシャの国際通貨基金(IMF)への17億 ドルは支払い不履行となる見通しで、ユーロ圏の救済パッケージもこの 日深夜に失効する。ギリシャは債権団の要求について国民投票を7月5 日に実施すると先週末に突然発表、週明けは銀行休業と資本規制導入に 踏み切った。これでストックス600指数は前日、急落していた。

この日は一時1.4%安となったが、欧州連合(EU)欧州委員会の ユンケル委員長がチプラス首相に対し救済合意にぎりぎり達する方法の 詳細を説明したと、EUの当局者が匿名を条件に明らかにすると、下げ 幅をやや削った。さらに、ドイツのショイブレ財務相がギリシャの国民 投票で救済条件が拒否された場合でも同国は当面、ユーロ圏にとどまる だろうと述べたと伝えられると、下げをほぼ解消する場面も見られた。

セブン・インベストメント・マネジメント(ロンドン)で資産運用 に携わるベン・クマール氏は、「ギリシャがこうした局面に達すると誰 が想像しただろうか」と述べ、「この日はチプラス首相と債権団が合意 に調印する場面を写真に収める日となるはずだったのに、それどころ か、さらなる不透明感とともに今週いっぱい待たなければならない。株 式がファンダメンタルズに基づいて取引されていた1-3月期が懐かし い。今はまた、リスクオンかリスクオフの状況だ。全く迷惑だ」と語っ た。

ドイツのDAX指数は1.3%下落。四半期ベースの下げ幅は8.5% と、2011年以降で最もきつい値下がりになった。これは先進国・地域24 市場の中で最悪のパフォーマンス。

業種別19指数の中では資源銘柄の下落率が最も大きかった。アルセ ロール・ミタルとBHPビリトンの下げが目立った。高級品ブランドで は、フランスのLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンとイタリアの トッズが安い。バンク・オブ・アメリカが高級品銘柄の投資判断を引き 下げたことが嫌気された。

原題:European Stocks Extend Worst Quarterly Drop Since 2012 on Greece(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE