LME工業用金属指数、四半期ベースで01年以来の長期下げ

ロンドン金属取引所(LME)で取引される アルミニウムやスズなど工業用金属6種で構成されるLMEX指数は6 月30日に低下。4-6月(第2四半期)では4四半期連続の低下と、四 半期ベースで2001年7-9月(第3四半期)以来の長期下げ局面となっ た。

景気失速により世界最大の消費国である中国での需要が損なわれる との懸念やギリシャ情勢の深刻化が、指数低迷につながっている。 LMEX指数は4-6月期に5.5%低下。前日比では0.6%安の2600.7で 終えた。

LME銅相場(3カ月物)は前日比0.4%安の1トン=5765ドルで 終了。4-6月期では4.6%安で4四半期連続の下落と、01年7-9月 期以来最長の下げ。

LMEニッケル相場(3カ月物)は前日比1.2%高の1トン=1 万1980ドル。一時8.8%安の1万795ドルと、09年4月以来の安値を付け た。4-6月期では3.3%安と、4四半期連続の下落。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物9 月限は、前日比0.7%安の1ポンド=2.615ドル。

原題:Industrial Metals Post Longest Run of Quarterly Losses Since ’01(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE