次世代蓄電技術で再生可能エネルギー供給を安定化-クボテック

更新日時

太陽光や風力など再生可能エネルギーを利用 した電力の供給が増えるなか、気象条件で変動する発電量を送電網の中 で安定化させる技術に関心が集まっている。

クボテックは、次世代の蓄電技術で活用が可能な、炭素繊維強化プ ラスチック(CFRP)製のフライホイールと呼ばれる大型の円盤の開 発に成功。投資家の注目を集めた結果、同社の株価は年初から3倍高と なっており、TOPIX(東証株価指数)構成銘柄のうち2番目の上昇 率を記録している。

このフライホイールは、同社のほか公益財団法人鉄道総合技術研究 所、古河電気工業などが参加して4月に試運転開始を発表した蓄電シス テムの実証機に使われている。

鉄道総研のウェブサイトによると、この次世代フライホイール蓄電 システムは自然条件によって瞬間的に発電量が増加した時に、重量4ト ン、直径2メートルのフライホイールを回転させてエネルギーを蓄え、 瞬間的に電力が減少した時に蓄えておいた回転エネルギーを電力に戻す もの。再生可能エネルギーの利用を拡大するため、不安定な発電設備と 蓄電装置を組み合わせ、出力の変動を滑らかにする技術が求められてい るという。

クボテックの渡辺伸二企画部長は、ブルームバーグのインタビュー で「フライホイールを世界に先駆けて実用化させる」ことで、同社の主 力事業に育てる意向を示した。今後4-6年でフライホイール関連事業 の売り上げを40億円程度まで増やしたい考えだ。再生可能エネルギー用 のほか、鉄道の変電所で回生電力を貯蔵する用途も想定している。

リニアモーターカーの技術応用

この実証機は、軸受部の摩擦による損失をなくすため、鉄道総研が リニアモーターカーの技術を応用して考案した超電導磁気軸受を利用。 浮上したフライホイールを真空の容器内で回転させ、エネルギーの変換 効率を向上させているという。他の蓄電システムと比較すると出力が大 きく、短時間での充放電が可能なほか、劣化が少ないために寿命が長い という利点がある。

これまでは、高速で回転できる大型のフライホイールが製作できな かったため大容量の蓄電システムの実現も難しかった。しかし、特殊な 炭素繊維の織り方で強度を高めることで、直径2メートルのフライホイ ールの製造が可能になったという。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)が実証事業の研究開発費用の3分の2程度を助成。 NEDOの細井敬・蓄電技術開発室長は「フライホイールは耐久性がい い」のが長所のひとつだと指摘。また「瞬発力がすごくある」ために秒 単位から分単位の放電が可能だと話した。

この実証事業では、山梨県が運営している米倉山大規模太陽電池発 電所(甲府市)で1000キロワットの試験用発電設備に蓄電容量100キロ ワット時のフライホイール蓄電装置を組み合わせ、東京電力の送電網に 流す試験を7月から実施する。

クボテックの株価は1日、前日比150円(17%)高の1013円とスト ップ高となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE