ドイツ財務相、ギリシャ「ノー」でもユーロ残留予想-関係者

更新日時

ドイツのショイブレ財務相がベルリンで議員 らに、ギリシャの有権者が7月5日の国民投票で救済条件を拒否した場 合も同国が当面はユーロ圏にとどまるだろうと述べた。事情に詳しい関 係者3人が明らかにした。

ショイブレ財務相はまた、ギリシャが拒否した場合、欧州中央銀行 (ECB)がユーロを守るためにあらゆる措置を講じるだろうと述べ た。議論はプライベートなものだったとして関係者らは匿名を条件に語 った。

発言からはギリシャが救済継続を拒否することを独政府が想定して いることがうかがわれる。その場合、ギリシャが欧州連合(EU)の支 援基金の約320億ユーロ(約4兆3900億円)を利用できる可能性もある とショイブレ財務相は述べたという。

独財務省の報道官はコメントを控えた。

メルケル独首相は29日の記者会見で、EUの景気刺激基金でギリシ ャに割り当てられている額は「もちろん今も利用可能だ」とし、「われ われは皆、必要な範囲でギリシャを支援する用意がある」と述べてい た。

原題:Schaeuble Said to See Greece Staying in Euro If ‘No’ Vote (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE