30日のインド株式相場は上昇。世界最大の石 炭会社コール・インディアが上場来高値を付けたほか、消費関連銘柄と 製薬株が買われた。指標のS&P・BSEセンセックスは四半期ベース では約2年ぶりの大幅安となった。

インド最大のたばこ会社ITCは4週間ぶり高値、日用品でインド 最大手のヒンドゥスタン・ユニリーバは2カ月ぶり高値にそれぞれ達し た。ルピンが2.9%上げるなど、製薬株も総じて高い。

センセックスは前日比0.5%高の27780.83で終了。4-6月期の下 げ幅は0.6%に縮まった。この日は方向感のない展開だったものの、取 引終了間際の90分間で買いが優勢となった。ギリシャ政府は29日夜に欧 州委員会のユンケル委員長が行った提案について考え直していると、E カティメリニがツイッターで報じたことが背景にある。

原題:Sensex Pares Quarterly Decline as Coal India Rallies to Record(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE