ギリシャ銀行向け流動性支援、7月1日にECBが協議

預金流出に見舞われているギリシャの銀行は 欧州中央銀行(ECB)が小幅増額する流動性支援に頼ってきたが、生 き残りのチャンスは一段と小さくなってきた。

ECBは28日にギリシャの銀行向け緊急流動性支援(ELA)の上 限を890億ユーロ(約12兆2000億円)で凍結した。29日から政府が導入 した資本規制で預金流出ペースは鈍ったが、ギリシャの各銀行は依然と して中銀の資金に頼って営業している。

ギリシャの国際通貨基金(IMF)への返済期限である6月30日の 翌日の7月1日に、ECBは政策委員会でギリシャの銀行の支払い能力 を見直す。IMFへの支払いがなかった場合、ECBは国債と政府保証 債を中心としたギリシャの銀行の資産内容を評価し直し、ELAを制限 するかどうかを決めなければならない。

原題:Greece’s Closed Banks at ECB Mercy in Week of Savers’ Suspense(抜粋)

--取材協力:Jillian Ward、Julia Verlaine、Christos Ziotis、Yalman Onaran、Rebecca Christie.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE