ギリシャ危機NATO脱退リスクも-ユーロ・株安にとどまらず

ギリシャ債務危機を解決できなければ、その 影響はユーロや株式相場の下落にとどまらない恐れがある。ギリシャの 北大西洋条約機構(NATO)脱退を促し、欧州への移民流入が増加 し、ウクライナをめぐる国際的な制裁措置への支持をギリシャが撤回す るかもしれない。

NATOの欧州連合軍最高司令官だった米国のジェームズ・スタブ リディス氏はインタビューで、「ギリシャが混乱に陥れば、欧州、ひい ては米国の戦略に大きな分断が生じるだろう。資金や金融市場だけの問 題ではない」と述べた。

国内銀行の営業停止につながったギリシャの債務問題を欧州の指導 者が解決できなければ、公算は小さいもののあり得ない事態ではない。 ギリシャは30日、国際通貨基金(IMF)への17億ドル(約2100億円) の債務返済で期限を迎える。

米マサチューセッツ州のタフツ大学フレッチャー法律外交大学院の 学部長を務めるスタブリディス氏は、ギリシャが最終的にユーロを離脱 し、デフォルト(債務不履行)に陥れば、NATOを脱退し、欧州連合 (EU)による対ロシア制裁を阻止し、ギリシャのクレタ島にある米海 軍基地を退去させることで仕返しするかもしれないと指摘。ギリシャ系 米国人の同氏は「愛されておらず、追い出されそうだと感じているギリ シャ」が欧米を手助けする可能性が小さくなっていると語った。

原題:Greek Debt Crisis Risks NATO Withdrawal, New Surge of Refugees(抜粋)

--取材協力:Marcus Bensasson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE