韓国の第一毛織、株主価値増大策講じる-サムスン物産合併後

韓国の第一毛織は30日、サムスン物産との合 併計画が承認されれば、株主価値を高める措置を講じると投資家に表明 した。第一毛織はサムスングループの事実上の持ち株会社。

第一毛織はソウルでの会合で、こうした措置には配当性向を昨年 の21%から30%に段階的に引き上げることや自社株買いなどが含まれる と説明。合併条件を変更しないとしている第一毛織は、合併後にコーポ レートガバナンス(企業統治)委員会を設置する方針も示した。

米国の物言う投資家ポール・エリオット・シンガー氏ら一部の株主 は、サムスングループがサムスン物産の価値を過小評価していると主張 し、合併計画に反対している。

原題:Cheil Plans to Boost Shareholder Value After Samsung C&T Merger(抜粋)

--取材協力:Jungah Lee.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE