ギリシャのユーロ離脱確率85%、経済は縮小へ-エラリアン氏

ギリシャ経済は「大幅に縮小し」、ユーロ圏 離脱を余儀なくされる可能性が高いと、元パシフィック・インベストメ ント・マネジメント(PIMCO)最高経営責任者(CEO)のモハメ ド・エラリアン氏が述べた。

ギリシャは29日から銀行を閉鎖し資本規制を導入した。チプラス首 相は債権団が求める緊縮措置の是非を問う国民投票を7月5日に実施す ると発表した。

エラリアン氏はニューヨークからインタビューに応じ、ギリシャが 今後数週の間に「ユーロ圏から去らざるを得なくなる確率は85%だ」と の見方を示した。「今起こっているのはエコノミストが『急停止』と呼 ぶ支払いシステムの停止だ。これは理論的に経済の大幅な縮小と社会不 安につながり、ユーロ圏に残留することを極めて困難にするだろう」と 語った。

原題:El-Erian Sees 85% Grexit Odds With ‘Massive’ Contraction Coming(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE