中国株:上海総合指数、弱気相場入り-利下げでも下落止まらず

更新日時

29日の中国株式相場は下落。上海総合指数は 弱気相場入りした。利下げにより信頼感回復を目指す中国人民銀行(中 央銀行)の取り組みにもかかわらず、レバレッジ投資家が撤退する兆候 が広がった。

上海総合指数は前週末比3.3%安の4053.03で終了。6月12日の高値 から20%余り下落し、中国で過去最長の強気相場が終わった。指数 は7.6%安から2.5%高まで振れ、ポイントの動きは1992年以来の大きさ となった。テクノロジー株の指数は7.3%安と、業種別で最大の下げ。 CSI300指数は前週末比3.3%安。

IGアジアのストラテジスト、バーナード・オー氏(シンガポール 在勤)は「利下げがここ8カ月で4回目であることを念頭に置く必要が ある。株式相場への目に見える利下げの効果というものは薄れてきたよ うだ」と指摘。「市場は人民銀が利下げで達成しようと期待しているこ とについて、まちまちのシグナルを受け取っているかもしれない」と述 べた。

恒生電子(600570 CH)と深圳欧菲光科技(002456 CH)は値幅制限 いっぱいの10%安。中国北車と中国南車の合併で誕生した鉄道車両メー カー、中国中車(601766 CH)が8.6%下げるなど、工業株も下落した。 証券株を中心に金融株も売られ、中信証券(600030 CH)と海通証券 (600837 CH)は5%超の値下がりとなった。

香港市場では、ハンセン指数が前週末比2.6%安の25966.98と、昨 年2月以来の大幅な下げ。ハンセン中国企業株(H株)指数は3%安。

原題:China’s Stocks Enter Bear Market as Rate Cut Fails to Stop Rout(抜粋) Hong Kong Stocks Slide Most Since February 2014 on Greece, China (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE