MSCI:ギリシャをスタンドアローン分類も-ジンバブエ並み

ギリシャが銀行休業と株式市場の閉鎖に踏み 切ったことを受け、MSCIにより新興国市場株価指数から同国が除外 されるリスクが高まった。2013年11月に先進国として初めて同株価指数 に組み入れられていた。

MSCIの発表資料によると、MSCIギリシャ指数が「スタンド アローン市場」に分類される可能性がある。アテネ証券取引所は7月6 日まで取引を停止することを明らかにした。MSCIはどのような変更 を決定する際にも投資家と協議するという。

ジャマイカやボツワナ、ジンバブエのほか、中国本土がスタンドア ローン市場に分類されている。MSCIによると、これら市場は最低限 の流動性基準を満たしていない。外国の投資家が部分的または完全に遮 断にされているほか、貸株や空売りが規制ないしは禁止されている。

MSCIは19日、ギリシャ情勢を注視しており、同国の株価指数を 分類する可能性を明らかにしていた。

原題:MSCI Review May Lower Greek Stocks to Same Status as Zimbabwe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE