コンテンツにスキップする

ギリシャに交渉再開を仏財務相呼び掛け、首脳らは緊急策検討

フランスのサパン財務相は29日、ギリシャが ユーロ圏を離脱することになるリスクを警告し、チプラス政権に交渉の 座に戻るよう呼び掛けた。

サパン財務相はラジオ局フランス・アンテルの番組で、ユーロ圏か らの離脱は「何よりもまずギリシャ国民の前にあるリスクだ」とし、 「交渉を継続するのか、ユーロ圏を離れるリスクを冒すのかという問題 だ」と警告した。

ギリシャが緊縮措置をめぐり国民投票を実施すると突然発表するな ど波乱の展開となった週末後、オランド仏大統領やドイツのメルケル首 相ら欧州の首脳陣は緊急対策を検討している。

スペインのデギンドス経済相はラジオのインタビューで、「まだ時 間はある」として、協議が再開され今から30日までの間にギリシャと合 意ができる可能性を排除しないと語った。

独仏とスペインのラホイ首相に加え、オランダのルッテ首相も閣僚 や中央銀行の当局者らと会合を開き対応を協議する。

原題:Greece Implored to Resume Talks as Leaders Weigh Contingencies(抜粋)

--取材協力:Macarena Munoz、Rainer Buergin、Corina Ruhe.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE